リハきそ

整形外科領域を中心とした理学療法の臨床・教育・管理などの情報を発信します!

「動かさない」が痛みを引き起こす~immobilization induced pain~

骨折のように身体組織に何らかの損傷が起きたとき、組織の修復を図るために「安静」や「固定(不動)」が必要になることがあります。 代表的な例は、骨折や手術後のギプス固定ですね。 組織治癒を得るためのこの処置により、関節可動域制限や筋力低下といっ…

痛みのきそ~痛みの定義と多面性~

整形外科理学療法において、痛みはもっとも問題として挙がることが多い症状ではないでしょうか? 人の痛みについては、まだまだ解明されていないこともありますが、分かってきていることも多くあります。 この、「分かっていること」をきちんと押さえておく…

リハの質を上げる取り組み〜MTDLPの導入〜

さて、前回はチーム制のメリット・デメリットを考え、実際に導入してから見えてきたことを紹介しました。 今回は、チーム制を導入したことで明らかになった課題に対応するため、当部門で採用したMTDLP(Manegement Tool for Daily Life Performance:生活行…

リハの質を上げる取り組み〜チーム制の導入〜

リハビリテーションの質を上げる。 これはいつまでも取り組み続けなければいけない課題ですよね。 筆者が今、管理者として働いている回復期リハビリテーション病棟でも、どれだけリハの質を高められるか日々模索しているところです。 そんな中、当部門で実践…

中枢性感作症候群と中枢感作-概論-

今回のテーマは中枢性感作症候群(Central sentivity syndrome:CSS)です。 CSSについて報告したYunus (2008) の論文を中心に紹介していこうと思います。 また、CSSに関与するとされる疼痛の中枢性感作(Central Sensitization)についても、その概要に触れて…