リハきそ

整形外科領域を中心とした理学療法の臨床・教育・管理などの情報を発信します!

脳報酬系と動機づけのメカニズム

リハビリテーションを進めていく上で、患者さんのやる気を向上させ、維持していくことは非常に大切なポイントになります。 それはまた、後輩や新人を指導し、成長させて上でも必要になってきます。 今回は、やる気や意思決定などに関わる脳報酬系についてま…

痛みを調節する仕組み~pain modulationのメカニズム~

痛みは、侵害刺激を受容するTransductionから始まり、Conduction(活動電位の伝導)、Transmission(シナプスでの神経伝達物質を介した伝達)という仕組みを通じて、末梢から脳まで伝わり、Perception(知覚)されます。 そして、この知覚された痛み感覚・痛…

侵害受容性疼痛の神経生理学を理解する

疼痛は原因別に大きく3つに分類することができます。 侵害受容性(炎症性)疼痛 神経障害性疼痛 心因性疼痛(認知性疼痛) 侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛は、器質的な異常に起因することから、器質性疼痛と呼ばれます。一方、心因性疼痛のように明らかな器…

運動がもたらす鎮痛効果〜Exercise induced hypoalgesia(EIH)〜

運動療法は理学療法士が臨床で行う頻度が多い介入の1つです。 運動療法とは 身体の全体または一部を動かすことで症状の軽減や機能の回復を目指す療法(Wikipedia「運動療法」より引用) であり、臨床上ではROM exや筋力トレーニングから歩行練習、有酸素運動…

「動かさない」が痛みを引き起こす~immobilization induced pain~

骨折のように身体組織に何らかの損傷が起きたとき、組織の修復を図るために「安静」や「固定(不動)」が必要になることがあります。 代表的な例は、骨折や手術後のギプス固定ですね。 組織治癒を得るためのこの処置により、関節可動域制限や筋力低下といっ…